旗

旗

夢保育園からのお知らせ

お問い合せはこちらから072-692-0828

  • アクセスはこちら
  • メールでのお問い合せはこちら
  • 園での過ごし方
  • 保育選びを考えている皆様へ
  • アルバム日記
  • アクセス

未分類

しもやん・あかまっちゃん講演会(下川浩二・赤松兼次)

2019年11月9日|未分類

大阪・高槻 「何のために実行委員会」代表の赤松兼次です。(夢保育園)
https://kokucheese.com/event/index/568228/ (こくちーず お問い合わせ等)
3年前、2016年(平成28年)11月20日
「栗城史多・しもやん・中村文昭講演会」
2年前、2017年(平成29年)11月23日
「しもやん・栗城史多・白駒妃登美・中村文昭講演会」
1年前、2018年(平成30年)11月24日
「フカキヨ・しもやん・故栗城史多・中村文昭講演会」
今年、2019年(令和元年)11月17日
「しもやん・あかまっちゃん講演会」
今回で、4回目の「何のため 講演会」をおこないます。
当初から、栗城史多、しもやん、中村文昭氏の3人をベースに講演会をおこなってきました。
3人の話を聞いて頂き、一人ひとりが元気になり、楽しい人生を送って頂きたいと想い、講演会を主催しました。私自身も、この3人の話を聞かせて頂いて、大きく人生が変わってきました。1人でもいいので、話を聞いて頂きますと、今までと違う考え方、発想が生まれると感じています。
昨年、一昨年は、欲を出しまして3人+1人の4人の講演会でした。
昨年は、残念なことに、栗城史多氏がエベレストで滑落死しました。本当に、残念な
ことが起きました。いつも園長先生と呼ばれていました。
生前は、「エベレストに登頂した時には、無料で夢(ユメ)保育園に講演に行きます」と言われていました。再び、天国からその声が聞こえてきます。
「冒険の共有」、「否定の壁」など、沢山の気づきと勇気を与えられました。
 今年は、中村文昭氏が、この11月17日は、他の予定が入っていましたので、今回は
参加出来ません。
これまで、講演会主催の代表をおこなってきました。今年は、私も講演することになり
ました。今までは、聞く立場でしたが、発信する立場になります。インプットよりもアウトプットが大切とも言われております。
 私の講演は、自分が今まで生きてきたストーリーをお話しします。
「逆境」というキーワードです。その体験をありのままに、お話しさせて頂きます。
ここでは、詳しく述べませんが、おそらく、この話を聞かれますと、衝撃を皆様が受けるような大きな出来事です。殆どの方が体験したことがないでしょう。このことにより、勇気を持って頂ける方が一人でもおられますと幸いです。理屈でなく、その立場にならないとわからないことです。また、私自身もこれを発信することにより、次のステップに進みます。
次元上昇!
お機会がありましたら、皆様方のお顔を見られることを楽しみにしております。
すべてに感謝しております。
ありがとうございます!

お問い合わせ、お申し込みは、こくちーずより↓
https://kokucheese.com/event/index/568228/

【 しもやん・赤松兼次(あかまっちゃん) 講演会】
テーマ『何のために』
【日時】 令和元年11月17日(日)
開場 12:30~
13:00~13:10  開会 挨拶
13:10~14:20  赤松兼次(あかまっちゃん) 講演会
14:20~14:40  休憩
14:40~15:50  しもやん 講演会
15:50~16:10  閉会 挨拶
閉場 16:50
【会場】 高槻現代劇場中ホール
  住所:大阪府高槻市野見町2-33
【参加費】3,000円(売切れ次第終了)
     高校生以下無料
【定員】 602名
【主催】 大阪・高槻 「何のために実行委員会」代表 赤松兼次
【講演者】
<1> 赤松兼次(あかまっちゃん) 「逆境から今を生きる人生と保育」
通称あかまっちゃん。大学卒業後、セールスエンジニアとして電気関係の技術的営業職に就くものの、教師になる夢を諦めきれず、“人間教育”を行う目的で教師に転身。堺市立中学校常勤講師を経て、高校教諭として21年間、教鞭を執る。その経験の中で中高教育に限界を感じ、幼児教育の道に進む。2011年、個人事業主として「ユメ保育園」を開園。その後、2015年に法人化、更に同年に「ユメ小規模保育園」に移行し、高槻市の認可事業となる。また同時に、認可外保育園「夢保育園」を開園し、すぐに法人化する。
また、自己啓発の勉強で、故竹田和平さんから「ありがとう先生」、「智徳問答先生」を学ぶ。しもやん“本輝塾”(東京講 第1期から第3期生)。中村文昭さんの“ご縁紡ぎ大学”(関西校 第3期生)。故栗城史多さんの“チーム栗城”。白駒妃登美さんの“「志」和こころ塾”(大阪講)。 清水克衛店長(読書のすすめ)の“逆のものさし講”(京都講)。黒木安馬さん“3%の会”。著者に、「子どもの未来が楽しみになる幼児教育」(現代書林)がある。
<2> しもやん 「やりたい事がどんどん見つかる人生の楽しみ方」
通称しもやん 下川浩二(しもかわこうじ)起業家、作家、講演家、筆文字書家、音楽家、料理家、バイク愛好家、投資家、YouTuber、しもやんランド代表。大阪市立大学卒業後 、大和證券に入社し10年で転職、ソニー生命のライフプランナーとなり42歳で独立してオリジナル手帳の開発販売と筆文字講師で起業。15年間のセミナー講師と講演活動で日本全国に1万人のしもやんファミリーという家族のようなコミュニティを作り上げ御縁の大富豪となる。現在の主な活動は講演家、起業家、作家を輩出する平成の松下村塾しもやんの本輝塾を開校している。著書「気がつけば御縁長者」「手帳を作れば人生が変わる」「人生はマネしてトクして楽しもうTTP三段活用の極意」Amazon DVD「好きな事を仕事と収入に変える7つの方法」「100の夢リストを実現する方法」「40を超えた中高年の為の非常識な成功法則」

※申込みは、以下のこくちーずよりお願いします! ↓
https://kokucheese.com/event/index/568228/

#夢保育園
#ユメ小規模保育園
#ヨコミネ式教育法
#しもやん
#下川浩二
#高槻現代劇場
#赤松兼次
#逆境
#保育園
#自己啓発
#幼児教育無償化
#講演会
#教育
#人生の楽しみ方
#あかまっちゃん
#子どもの未来が楽しみになる幼児教育
#保育
#次元上昇
#令和元年11月17日

 

https://kokucheese.com/event/index/568228/

 

赤松様似顔絵データ01_PNG (4) 20191117講演会チラシ(最終) 20191117講演会チラシ(最終 裏)

第62回茨木市立幼稚園・認定こども園・小学校・中学校総合展 ~夢保育園~

2019年11月9日|未分類

71311092_2642697865824505_3857318696997355520_n 75279207_2642697935824498_4423155482621902848_n 74537462_2642698012491157_8777197708726239232_n

 

第62回茨木市立幼稚園・認定こども園・小学校・中学校総合展

令和元年11月9日(土)から11月11日(月)まで

茨木市役所南館 10階

 

当園、卒園児の小学校国語書写の部で、選ばれて展示されています。

宮本真由美さん(斎藤一人さんの直弟子さん)本日のブログで夢保育園を紹介して頂いています

2019年11月3日|未分類

是非、宮本真由美さんのブログをお読み下さい。

https://ameblo.jp/mm4900/entry-12541523340.html

 

宮本真由美さん イベントの申し込み、問い合わせ↓
https://docs.google.com/・・・/1FAIpQLSc・・・/viewform

 

74692470_3142640249142432_1665342533590319104_n DSC_6537

『なんとかなる音頭』宮本真由美さん(斎藤一人さんの直弟子さん)夢保育園の子どもたち 映像

2019年11月2日|未分類

先日、宮本真由美さん(斎藤一人さんの直弟子さん)が当園に来られた映像がYoutubuにアップされています。
『なんとかなる音頭』・・・
子どもたちの様子を
ご覧ください。 

https://youtu.be/x6u2AU-HSR4

https://www.youtube.com/watch?v=x6u2AU-HSR4&feature=youtu.be
73395425_3142641715808952_4511103923079086080_n

「高槻アート博覧会」夢保育園 令和元年11月1日~11月30日

2019年11月1日|未分類

「高槻アート博覧会」2019年(令和元年)夢保育園

令和元年11月1日から、高槻センター街で始まりました。1ケ月間 子どもたちの描いた絵が見られます。

74231762_3148857958520661_2441964614611632128_n 73370618_3148858091853981_5323988838182289408_n 74607758_3148858035187320_1203795795954892800_n75001919_3148858321853958_2174328683953651712_n

 

お問い合せはこちらから072-692-0828

  • アクセスはこちら
  • メールでのお問い合せはこちら
トップページへ